家族葬で見送る故人【愛する人とのお別れは水入らずで行ないたい】

葬儀場

近年の遺品整理と葬儀

線香

信頼できる専門スタッフとは

遺品の整理を業者に依頼するという方が増えています。サービス開始当初は、身寄りのない方のためのサービスとしての認識が強かった遺品整理サービスですが、高齢化が進む日本では亡くなられた後の住居の整理のために依頼するという方も多く、今やひとつのサービスとして広く普及しています。同時に、引っ越し業者や不用品回収業者などが遺品整理としてのサービスを開始したことで、遺品整理を取り扱う業者は今や数千とも言われています。遺品整理の依頼先として、多くの選択肢があることはいいことですが、数が増えたことで悪質な業者やトラブル件数も増加しています。信頼できる業者を選ぶには、費用面だけでなくスタッフの対応などを見て総合的に判断することが不可欠です。また、近年では認定資格である遺品整理士も注目を集めています。知識を備えた有資格者であれば安心してまかせることができるというわけです。また、葬儀なども昔とは異なってきて、葬儀の際に大勢の方を招くのではなく、家族だけで行なう家族葬に変化しています。家族葬であれば親しい方だけでの葬儀となっているので気兼ねなく愛する家族とのお別れをすることが出来るので、このような式の形を行なう遺族が増えてきています。大阪の堺市などではこのような葬儀に関するサービスを提供してくれる業者が増えてきています。

遺品整理士とは、遺品整理士認定協会によって認定された遺品整理のプロフェッショナルです。遺品に対する心構えや遺族への配慮を備えた人物で、遺品の処分などに関する様々な法律知識も豊富です。遺品を遺すもの・処分するもの・買取を依頼するものなどに分類を依頼することも可能ですし、一般的な相談も可能です。遺品整理業を専業として行う企業では、近年こうした有資格者を抱えているところが増えています。そうした企業に問い合わせることも可能ですが、遺品整理士認定協会のホームページに掲載されている電話番号に連絡をし、有資格者を紹介してもらうことも可能です。なお、肝心の費用に関してですが、1LDKタイプの授受居における遺品の整理を依頼した場合、作業や運搬費用を含めて15万円前後が相場です。この費用には地域差もありますし、遺品の量によって変わることもあります。

専門業者が片付ける

蓮の花

1人暮らしの老人などが亡くなると、その遺品を片付ける人手が必要です。身寄りがいなかったり、いても遠方で来られないとなれば、誰も遺品整理をすることが出来ないのですそのようなときに遺品整理業者が呼ばれるのです。

お別れの儀式

葬儀

東京で自然を感じながら最期の時を迎えたいという人は自然葬という葬儀を行なってみるのも良いです。この自然葬などの様々な式を執り行ってくれる葬儀社があるので事前に調べてみましょう。

費用を相談する

数珠

しっかりと葬儀のことを考えてできれば事前に検討しておくのが適切です。なぜなら神奈川では費用のことも十分に考えてくれている葬儀社が存在しているので、お金に不安がある人も利用できるからです。